プロフィール

略歴

昭和38年
6月30日生まれ
昭和51年
金川小学校卒業
昭和54年
十文字中学校卒業
昭和57年
朝倉高校卒業
昭和62年
西南学院大学経済学部卒業
昭和62年
福岡銀行入行
平成5年
英国へ語学留学
平成18年 12月
甘木支店、東京支店を経て同行を退職
平成19年 4月
朝倉市議会議員 初当選
平成23年 4月
朝倉市議会議員 二期目当選
平成27年 4月
朝倉市議会議員 三期目当選
平成29年 5月
議長就任
平成14年 11月
実用英語技能検定 準1級合格
平成15年 1月
2級ファイナンシャル・プランニング技能士合格
平成16年 10月
TOEIC公開テストスコア855点取得
平成24年 11月
語彙・読解力検定準1級取得
平成26年 11月
日経TEST 787点(72,326人中/上位2%以内)

このページのトップへ

奮闘記1
朝倉市に甚大な被害を与えた「九州北部豪雨」。市長と共に自衛隊のヘリコプターに乗り込み、被害状況を空から確認した。引き裂かれた山肌は衝撃的で、ふるさとを取り戻せるのかと恐怖を感じ膝が震えた。だが、私たちがやるしかないのだ。議長としてやれることは、必ずある。そう思うと、震えは武者震いに変わった。
奮闘記2
まず議長としてできることは、全国に朝倉市のサーポーター(=支援の輪)を増やし、救いの手を差し伸べてもらうことだ。全国の議会や団体より災害見舞いを受けた際、支援の輪をより広げるために、「朝倉市の応援団になってください」とお願いしてまわった。全国のパワーを味方につける事は、朝倉市復興に絶対に必要な力なのだ。
奮闘記3
災害派遣された自衛隊の方々は、実に献身的で私たちは大いに助けられた。活動を終え、撤収の日に行われた離任式。市職員は一列となり、この地を去る隊の車列に手を振り、別れの挨拶を行なった。力を差し伸べてくれた彼らへの感謝を心に深く刻み、次なる一歩へと踏み出すことを、誰よりも大きく手を振りながら私は誓った。

このページのトップへ